公益財団法人 神林留学生奨学会

当財団について

この法人は、アジア諸国から日本の大学等に留学する者に対し奨学援助を行い、 もってアジア諸国の発展並びに我が国との友好、親善に寄与する人材を育成することを目的とします。

 

概要

名称 公益財団法人 神林留学生奨学会
理事長 神林章夫
設立1984年12月24日
公益認定2012年3月26日
名称変更2012年4月1日
所在地〒113-8642
東京都文京区本駒込2-12-13
アジア文化会館
基本財産25億3千万円
役員役員名簿の通り
事業
  1. 奨学金の支給
  2. 奨学金を受ける外国人留学生に対する生活指導及び助言
  3. 留学生の研究活動に対する助成
  4. アジア諸国に関する調査・研究に対する助成
  5. その他

 

沿革

1984年
(昭和59年)
株式200万株を財源として、財団法人神林留学生奨学会を設立
文部省所管の財団法人として設立認可を受ける。
初代理事長として神林照雄が就任
東京都新宿区を本部事務所とする。
1985年
(昭和60年)
第1回評議員会・理事会開催。留学生に奨学金支給を開始
茨城県土浦市において奨学生を対象とした「第一回懇親・見学会」を開催
1986年
(昭和61年)
奨学金と並行して研究への助成を開始
京都・奈良へ奨学生を対象とした「第一回研修旅行」を開催
1994年
(平成6年)
特定公益法人であることの認定を受ける。
1995年
(平成7年)
神林照雄初代理事長逝去
追悼集「高遠なる理想、平凡なる実行」を刊行
※全ページ掲載しました。→ こちらから
1996年
(平成8年)
二代目理事長として神林章夫が就任
茨城県つくば市に事務所を移転
2000年
(平成12年)
奨学金の対象から大学の学部生を除き、大学院生のみとする。
2001年
(平成13年)
奨学生の新規採用中止(継続採用のみ)
2003年
(平成15年)
奨学生の新規採用再開
日本・アジアの文化を学ぶ目的で芸術イベント鑑賞を開始
2005年
(平成17年)
11月 当財団の理事の藤村和男さんが、秋の叙勲で、瑞宝小綬章を受章された。
2006年
(平成18年)
当財団の理事の芳賀徹さんが、瑞宝中綬章を受章された。
2008年
(平成20年)
東京都文京区本駒込に事務所を移転
2009年
(平成21年)
8月 当財団の監事の高木誠一さんが、デンマーク王国よりダネブロー騎士勲章R1を受章された。
2010年
(平成22年)
新公益法人制度に伴い、公益法人移行認定作業に着手
2011年
(平成23年)
<公益法人移行認定>
4月 「最初の評議員の選任に関する理事の定め」について文部科学省から認可書が交付された。
10月 移行認定申請書を内閣府に提出
12月5日 公益財団法人として認定に相当するとして内閣府に答申された。
2012年
(平成24年)
3月26日 「公益財団法人」として認定
4月 1日 公益財団法人への移行が完了
2013年
(平成25年)
4月29日 当財団の理事の長谷川正明さんが、春の叙勲で永年の文部行政事務功労により、瑞宝中綬章を受章された。
8月29日 「公益財団法人」として、1年目の事業報告が完了
11月3日 当財団の評議員の小尾欣一さんが、秋の叙勲で永年の教育研究功労により、瑞宝中綬章を受章された。

お問い合わせ先

公益財団法人 神林留学生奨学会事務局
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館
電話: 03-3946-6236
FAX: 03-5981-8445
Email: